格安SIMとは

スマホの通信料金が月1,000円程度に──。
こんな嬉しいことはない。なんだかスマホは、使いもしない機能のせいで、ずいぶん高い料金を毎月、払っていたような気がする。そういう人が、多いはずだ。もっと安くていい。
もっと、機能がすくなくてもいい。
毎月、そんなに高画質な動画をどんどん観るような、そんな使い方は、自分はしない。
そういう人のために、広がってきたのが「格安SIM」だ。

まず、SIMとはなんだろうか…

Subscriber Identity Module
つまり、「加入者識別モジュール」だ。

それぞれのスマホが「この携帯電話会社で、この人の物」と識別するためのデータが書き込まれている、小さなカードのこと。

SIM、と呼び捨てにするが、本当は「SIMカード」だ。

これに「SIMロック」と言われる、携帯電話会社による「縛り」がかけられていて、それが法律で、解除されることになった。
今までは「ドコモで買ったスマホにはこのカード、auならこれ、ソフトバンクならこれ」と決められていて、SIMカードはその縛りの証拠、のような存在だったのだ。

それが解除される。
「どんなSIMカードを挿しても使えるスマホ」が増えている。

で、料金を格安に設定したSIMカードを挿せば、そのスマホの月額使用を、1,000円くらいに抑えることができるということだ。

そういう、格安SIMが、各社いろいろ売られている。

これを買うか、スマホとセットで買うか、という選択はあるが、今後、スマホ代を安くしていけることは、確実なのである。

 

格安sim 音声通話

格安SIMは、どうして安くできるのだろうか。
そもそも格安SIMは、「MVNO」と呼ばれている事業者が取り扱っていたものだ。

MVNOとは、Mobile Virtual Network Operatorの略。
日本語だと「仮想移動体通信事業者」。

これは、docomo、au、ソフトバンクと違い、プロバイダーなどの通信事業者や家電量販店など、いろいろな事業者が販売しているLTE/3G通信サービスを指す。

しかしこれらの会社は、全国に回線は持っていないからdocomoなどの大手の回線を、間借りして事業を展開している。

なのでこれらの格安SIMカードで、docomo、au、ソフトバンクのスマホと同じように、LTE/3Gで通信が可能になるのだ。

料金はかなり割安になる。
また、今はスマホ契約すると当然のようになっている「2年縛り」もない。
使う側が、自由に、安く選べるというサービスだ。

ほとんどの格安SIMはNTTドコモの通信網を間借りしている。それであればこそ、通信規格や利用エリアなどがドコモと同じなので、その品質にも遜色はない。

 

格安sim おすすめ

たとえば月にデータ通信容量2GBくらいしか使わないのに、今のスマホでは8,000円くらい払っている?
それが、 月2,000円程度で使えるなら、誰でもそっちにするでしょう。

いま、「キテる」サービスを、ランキングしてみました。

1位 UQ mobile

公式サイトで見る→【UQ mobile】

★最大25000円のキャッシュバックあり★
★無料通話&ネット込みで1,980円★
★全国エリアで高速通信★
★auのiPhoneならそのまま使える★

公式サイトで見る→【UQ mobile】

2位 U-mobile

公式サイトで見る→【U-mobile】

★最安値880円/月プランは衝撃★
★月に25GBも使えて2,880円★
★iPhone専用プランがある★
★docomoのiPhoneならそのまま使える★

公式サイトで見る→【U-mobile】

3位 LINEモバイル

公式サイトで見る→【LINEモバイル】

★キャンペーンでかなりお得になる★
★プランはシンプルな3種類のみ★
★LINEに関してはいくら使っても無料★
★docomoのiPhoneなすぐ使える★

公式サイトで見る→【LINEモバイル】


■​PROFILE…スマホ男子。
スマホ代が家計を圧迫していることに気づき、
いろいろ調べました。
家族・友人にも広めるべく、
このサイトを
汗かきながら設置。

© 2018 格安SIM rss